超音波診断装置(エコー検査)

今回はエコー検査を簡単に説明させていただきます。

エコー検査は従来、内科や産婦人科でよく使われて来ましたが現在では整形外科でも使われる事が多くなって来ました。

超音波を用いてレントゲンでは写らない筋肉・靭帯・腱(軟部組織)を見る事ができるためです。

またレントゲンでは発見できなかった骨折をエコー検査で発見することもあります。

当クリニックでは怪我をより詳しく診るためにレントゲンと併せてエコー検査を行っております。

組織をしっかりと観察し、適切な処置を選択するためには欠かせないものとなっています。

静止画だけでなく関節を動かした際の組織の動きを観察する事ができるためリハビリを行う際にも使用したりします。

リアルタイムで状態を観察しながら患者様に説明できるので患者様自身も理解しながら治療計画に納得していただけると思います。

お体のことについて気になる事がありましたらお気軽にご相談ください。