指が引っかかる!? ~ばね指~


「指を伸ばそうとすると指が引っかかる」

「50歳ぐらいから指の痛みがある」

「出産をしてから痛みが出てきている」



指を伸ばそうとするときに引っかかるご病気に

ばね指という病気があります。

出産後や50歳前後から指や手首が痛くなる事が多くなったなぁ

と感じていた方はいらっしゃるのではないでしょうか。




ばね指とは?

ばね指とは、”屈筋腱狭窄性腱鞘炎”と言われるもので、

指を曲げる筋肉の腱に炎症が起きてしまって生じるものです。


指を曲げる腱が通る所には、いくつかトンネルのようなところがあります。

そのトンネルに炎症がおきて、狭くなってしまうことで腱を締め付けてしまい、

痛みや指の引っかかりが生じてしまいます。







どんな人がなりやすいの?

男性にも生じるご病気ですが、女性に多いと言われています。

特に、妊娠出産時や更年期の女性の方が多いとされています。


これは、女性の場合は女性ホルモンの変動による影響が原因と言われています。

他にも手をよく使う方やスポーツをされる方、

糖尿病の方や透析をされている方がなりやすいと言われています。





どんな治療があるの?

ばね指は指を曲げる腱の腱鞘炎であるため、まずは安静が必要になります。

その上で、指の曲げる腱の通るトンネルの炎症を取ってあげるため、

ステロイドといったお薬が少し入った注射をすることがあります。

この注射で、ある程度の方は炎症が治まり症状は改善します。




ただ、この注射は一つの指に期間をおいて多くても3回までしかすることはできません

何度も再発していましまったり、注射で症状が改善しない場合は手術なども 選択肢の一つとなります。





他にできることは?

他にもストレッチをお願いしたり、湿布や塗り薬を処方したりしています。

また、漢方のお薬を処方したりなど、

皆さんの痛みの状態やご要望も考慮して 治療法を検討しています。





女性の方はエクオールも大事

女性の方は女性ホルモンが減少してしまうことで、

指や手首に炎症が起こり痛みは生じたり、指が変形してきたりすることがあります。

もちろん、他のリウマチなどの他のご病気の可能性もあるため、

まずは整形外科を受診して頂く事が大切です。





その上で、女性ホルモンの減少によるものと考えられる場合は、

女性ホルモンと同じような働きをしてくれるエクオールが大事になります。

 こうゆうクリニックではサプリメントも推奨しております。

(エクオールについてのこうゆうクリニックブログ:https://koyu-clinic.com/blog/?p=77






指の痛みの原因は色々あります。

ご病気によっては早めの治療が大切の事も多くあります。

自分の指の痛みは何なのかと気になったら、

まず整形外科にご相談して頂ければと思います。