肘が痛い! ~テニス肘(上腕骨外側上顆炎)~

「特にぶつけたりしていないけど肘が痛い」

「物を持ったり、手を捻ったりすると肘が痛い」

「肘の外側を押すと痛い」



肘の痛みの原因には様々な原因があります。

その中でも日常の診療においてよくあるのが”テニス肘”と呼ばれるものがあります。

テニス肘は正式には上腕骨外側上顆炎と呼ばれるご病気です。




テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは?

体のどの部位もそうですが、年齢とともに筋肉や腱が痛んでいきます。

肘の外側には短橈側手根伸筋という手首を伸ばすための筋肉の腱が付着しています。


テニス肘とは、この筋肉の腱が小さな傷が生じたり、いつも同じ動作を繰り返して負担をかけてしまい、

炎症を起こしてしまって生じるものです。




テニス肘はどこが痛くなるの?

肘の外側が痛くなります。下の写真の赤い部分を押すと痛いがあると思います。

物を持つときやタオルなどを絞る動作で痛みが強くなります。






テニス肘はどんな人になりやすいの?

テニス肘と呼ばれるものであるので、テニスの動作やバトミントンなどのラケット操作でなりやすいものと言えます。

また、スポーツをしていなくても、30歳代後半~50歳代の方に多く生じるご病気です。




テニス肘はどんな治療があるの?

肘や手首の使い過ぎによって起こる症状とも言えるため、まずは安静が必用です。

また、炎症が起きているため、炎症止めの湿布や飲み薬処方したりします。

安静が必用でもあるため、サポーターも必要に応じて処方しています。





リハビリとしてはストレッチを行なったり、物理療法(超音波治療、温熱療法、電気療法など)を行ったりします。

物の持ち方にも痛みが出ないようにする持ち方などもご説明しています。





痛みが強くて日常生活が厳しいよという方や痛みが全然良くならないよという方は ,

ステロイドというお薬が少し入った注射をすることもあります。




また、こうゆうクリニックでは、新しい治療として体外衝撃波治療という治療も導入しています。

 体外衝撃波治療とは、痛みのある部位に衝撃波を与えることで、成長因子というものが放出され、組織が再生されます。

また、同時に痛みを感じる物質を減少させる働きがあり、筋肉や腱の慢性的な痛みに対して効果が期待できます。

(自費診療 1回3300円)





まずは安静が治療の一つではありますが、 人によってはどうしてもお仕事やスポーツをしなければいけない場合もあると思います。

皆さんの状況や環境によって治療法を一緒に検討していければと思います。