PFC-FD療法について

「変形性膝関節症といわれたけど、少しでも進行を遅らせたい」

「膝の痛みで注射などを行っているけどなかなか良くならない」

「手術なども勧められたけど、手術はしたくない」

 




膝の痛みで代表される変形性膝関節症の方

は、約3000万人もいると推定されています。


その他にも膝の関節の中にある半月板とい

うクッションの損傷や、靭帯の損傷による痛み

など、膝の痛みで悩まれている方は多くいら

っしゃいます。

現在、”薬・注射・手術”といった治療の他に、

第3の治療である再生医療という治療が注目されています。




PFC-FD療法とは?

野球選手の田中将大選手や大谷翔平選手が靭

帯損傷の治療のために活用した”PRP(多血小

板血漿)療法”というものがありますが、

PFC-FD療法とはそのPRP療法を応用した技術となります。





PFC-FD療法とは、ご自身の血液から血小板由

来の成長因子を抽出し、それを患部に注射す

ることで、抗炎症作用や鎮痛作用の継続的な

効果を期待されるものです。






また、成長因子には、組織修復作用があり、自

己治癒力を高める治療でもあります。

PRP療法と比べて、約2倍以上の成長因子

凝縮されているとされています。




どんな人が対象?

PFC-FD療法は関節や靭帯など多くの部位で

利用できます。

テニス肘などの肘の痛みや足底腱膜炎など

の足底の痛み、 膝蓋腱炎などの痛みなどに

も利用されています。

その中でも多く行われている部位は、膝への

利用が多いとされます。





・膝が変形しているといわれたけど、少しでも進行を遅らせたい

・膝の痛みがあり、ヒアルロン酸注射をしているけどあまり良くならない

手術も勧められたけど、色々な事情で手術はしたくない

走れるようになる可能性があればやってみたい

副作用は少なく、少しでも良くなる可能性がある治療をしてみたい




PFC-FD療法のメリットは?

ご自身の血液を使った治療であるため副作用

が少ないこと、 採血と注射のみなので、入院

や手術の必要がないこともメリットの一つと考

えます。




PFC-FD療法の効果はあるの?

新しい治療であるため、今までの手術療法な

どと比較するとデータが少ないのが現状です。




新しい先進的な医療であるため、エビデンスな

どが確立するまではまだまだ時間はかかりそ

うでありますが、

現在は多くの医療機関でこの治療は普及して

おり、有効性の報告が多くあります。

 

膝の変形は徐々に進んでいことが一般的ではありますが、

PFC-FD療法は膝の変形を遅らせる働きがある

ことが期待されています。

膝の変形が軽度~中等度の方ではより有効性が高い言われています。




PFC-FD療法の流れ

最初に問診やレントゲン検査などで現在の状

況を確認します。必用であればMRI撮影をお願

いする場合もあります。




その後、採血を行います。

採血後、血小板成長因子を濃縮する過程があ

りますので約3週間の時間を頂き、その後注射

をすることが可能となります。





この成長因子は6か月間保存が可能である

ため、その期間であればご自身の予定で注射

をすることが可能となります。

実際にやることは採血と注射をする治療であり

、手術治療などと比較して大きな副作用はあ

りません。





PFC-FDの副作用は?

副作用としてはご自身の血液から作成されるも

のを注射するので大きな副作用はありません。

注射後2~3日は注射部位の痛みや腫れが起こ

る可能性がありますが、時間経過で改善されま

す。




PFC-FDの費用は?

再生医療は新しい先進的な医療であるため、今

のところ保険適応ではありません。

自費診療となっており、当院では165,000円(税

込み)での治療となります。 (レントゲンやMRI

などは保険診療であり、別となります)





当院で行っているPFC-FD療法は、新しい先進

的な医療となります。

薬や注射などの”保存加療”と”手術加療”といっ

た今までの治療とは 異なる”第3の治療法”とな

ります。


「今後の膝の変形を少しでも遅らせたい」

「手術療法以外の治療を検討したい」など

是非ご相談ください。