リハビリ

こうゆうクリニックのInstagramを開設しました! クリニックについて

こうゆうクリニックのInstagramを開設しました!

当院のInstagramを開設しました! 2022年4月20日、地域の患者様や多くの方々に支えられて、こうゆうクリニックは2周年を迎える事ができました。 3年目となるこの度、当院でもInstagramを開設し、クリニックの日々の日常や情報、健康の為となる知識などを発信していきたいと思います。 当院は…
変形性膝関節症は温めた方が良い?冷やした方が良い? 院長

変形性膝関節症は温めた方が良い?冷やした方が良い?

体の関節や筋肉に痛みが出たときに温めた方が良いか、冷やした方が良いか迷われることも多いと思います。ぶつけて腫れたときの痛みと変形性膝関節症のような慢性的な痛みでは冷やす・温めるでは違いがあります。 冷やした方がよい痛いとは? ぶつけたり、ひねったりして痛みが出ている時や腫れている時は冷やした方が良い…
膝に違和感を感じたら、、、変形性膝関節症の初期かもしれません 院長

膝に違和感を感じたら、、、変形性膝関節症の初期かもしれません

日常生活において、特になにかきっかけもなくてもなんとなく膝に違和感を感じてきたという方も多いと思います。 膝の違和感は変形性膝関節症という病気の最初の時期かもしれません。 膝に違和感を感じたら、早めに整形外科に受診する事が重要です。 変形性膝関節症の症状は? 変形性膝関節症は変形の進み具合によって、…
理学療法士によるリハビリを行っています 院長

理学療法士によるリハビリを行っています

こうゆうクリニックでは理学療法士によるリハビリを行っております。 理学療法士によるリハビリとは、 国家資格をもつ理学療法士が、患者さんの状況や困っている動作などをじっくりと話しを伺いながら、 患者様それぞれに合った最適な運動メニューを作成し、20分間もしくは40分間のマンツーマンのリハビリを行います…
握力について リハビリテーション

握力について

こんにちは! リハビリ担当スタッフの五味です。 皆さん突然ですが、ご自身の握力はご存知ですか? 最後に握力を測ったのは高校生くらい!という方も少なくないと思います! 今回は握力について少しお話したいと思います。 握力は、基礎体力を知る一つの分かり易い指標とされており、実際に握力が低い人ほど、身体機能…
こうゆうクリニックの変形性膝関節症の治療 院長

こうゆうクリニックの変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症とは 年齢とともに膝の軟骨がすり減ってしまい、骨と骨の間の隙間がなくなってしまいます。 日本には約3000万人の方が変形性膝関節症であると推定されており、多くの方が膝の痛みとして悩んでいるご病気です。 変形性膝関節症はどんな症状? 初期は歩きはじめや階段の下りで痛みが感じたり、少し水が…
サイレント・マニピュレーション       (五十肩治療) 院長

サイレント・マニピュレーション (五十肩治療)

「五十肩で治療しているけどなかなかよくならない」 「結局時間が経たないと治らないんじゃないの」 「夜寝てるときの痛みがずっと続いてとても辛い」 五十肩(肩関節周囲炎)とは 五十肩とは肩関節周囲炎と言われるもので、 年齢とともに日常動作の繰り返しなどで肩のの筋肉に炎症が起こり、 その結果、関節包という…
パワープレートメニュー紹介 リハビリテーション

パワープレートメニュー紹介

こんにちは! リハビリ担当の五味です! 今回は以前ブログでもご紹介した当院の 大人気リハビリ機器 【パワープレート】の リハビリメニューの中から ストレッチ・トレーニング・リラクゼーションの各ジャンル、一つずつ写真付きでご紹介をさせて頂きます。 まずはストレッチメニュー こちらは、お尻の筋肉を意識し…
肘が痛い! ~テニス肘(上腕骨外側上顆炎)~ 院長

肘が痛い! ~テニス肘(上腕骨外側上顆炎)~

「特にぶつけたりしていないけど肘が痛い」 「物を持ったり、手を捻ったりすると肘が痛い」 「肘の外側を押すと痛い」肘の痛みの原因には様々な原因があります。 その中でも日常の診療においてよくあるのが”テニス肘”と呼ばれるものがあります。 テニス肘は正式には上腕骨外側上顆炎と呼ばれるご病気です。 テニス肘…
小さなお子様連れの方も大丈夫です! 院長

小さなお子様連れの方も大丈夫です!

「子供が小さいし病院に連れて行っても大丈夫かな?」 「レントゲンとか検査する場合、子供はどうするのだろう?」 「ベビーカーで行っても良いのかな?」 お子様をどうしようと迷われたことはありませんか? もちろん、こうゆうクリニックではお子様や赤ちゃん連れの方も大歓迎です。 当院は決して広くはありませんが…